結婚式と幹事代行

結婚式二次会の知識とマナー

押さえておきたいマナー


二次会は結婚式に比べるとちょっとカジュアルなイメージがあるだけに、なんとなく出席する側の気持ちも緩んでしまったり、さらに「あまりキメすぎて浮い ちゃうのもイヤだし」なんて考えて、ついカジュアル寄りの服装になっちゃうことも…。

でも、できればちゃんと失礼のないようにしたいし、新郎新婦を不快に させちゃうようなマナー違反は絶対に避けたいところ!
二次会の服装の基本は、セミフォーマル。

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、女性なら華やかさのあるワンピースやパンツスーツなどと考えればまず間違 いありません。
その際、大事なのはデザインよりも素材です。シルクやベルベットなど、自分で簡単には洗濯できないような素材であれば大丈夫。

もし自分で判 断するのが心配な場合は、失礼のないように、よりフォーマルに近いものを選びましょう。

また、一般的に昼・夜のパーティの境目は18:00で、昼に行われ るものより夜のパーティの方が格が高くなります。
昼の時間帯であれば露出を控えややカジュアルに、夜の場合はデコルテ部分などの露出を増やし、エレガント な装いを意識するといいですね。
逆にNGな服装として覚えておきたいのは、白い服、ティアラ、ブーツ、網タイツ、素足、大きなバッグなどですから、気をつ けてください。

男性については、会社用のもので構いませんので、スーツを着るのが一番。男性でたまに見かけますが、上着はジャケットを着ていても、ズボン がジーンズではNGです!

アクセサリーについては、基本的にパールやダイヤモンド、スワロフスキークリスタルのような色のついていないものなら昼・夜いつ身につけてもOK。ちなみ に、ヘアメイクはとにかく手をかけているのが伝わるようにすることが大切です。髪をアップにしたり、メイクにラメなどを使ったりして、いつもより華やかに するといいでしょう

よく丁寧に二次会の会費をふくさなどで包んで来る人がいますが、受付の人の手間になってしまうので、その場で財布からそのまま出すのがマナー的には正解。

また、二次会中の入退場についてですが、立食の場合は基本的に会場の出入りは自由なので、途中から参加したり、途中で帰るなどしても大丈夫。

ただ、予定が 分かっている場合は、事前に幹事に来る時間や帰る時間を伝えておいたり、受付に一声かけるとよいでしょう。逆に、二次会の場合でも、着席であれば遅刻や途 中退場はできませんので、気をつけてください。

新郎新婦を祝う場ですから、あいさつをしている人がいればきちんと聞く、ゲームが用意されていれば積極的に参加するなど、会を盛り上げることを心がけて。

仲間内だけで騒いだり、名刺交換に熱中するなど勝手な行動はNGです。

またやってしまいがちな失敗ですが、立食パーティで会場内に用意されたイスに座って はいけません。

高齢の方や妊婦さんなどのために用意されている席と覚えておきましょう。

また、歓談時間には新郎新婦にあいさつに行き、必ずお祝いの言葉を かけること。小さくて荷物にならないようなプレゼントなら当日持参してもいいですが、そうでなければメッセージカードを添えて新居へ送るようにしてくださ いね。

二次会で一番大事なのは、主催者がどういう二次会にしたいのかを考えること。

例えば、飾らない感じのレストランでの立食パーティで、開催時間帯が昼間な ら、カジュアルな二次会にしたいということが分かりますし、逆に開催時間帯が夜で、ちょっと落ち着いた雰囲気のレストランの中、着席で行われるものなら フォーマル寄りの二次会にしたいということです。それに相応しい服装や振る舞いを心がけるようにしましょう。マナーはその場に応じようとする“想像力”な ので、あまり形式にこだわり過ぎないように注意してください。


Myブライダルプランパック二次会会場の検索

さらにMyブライダルプランパックでもっとお得に!


熊本マイブライダルで結婚



レンタルドレスの販売のレゴリス

熊本のドレスショップはウェディングマイン