結婚式と幹事代行

結婚式二次会の知識とマナー

ご祝儀について


・一般的に友人・同僚が2万円か3万円、上司・恩師が3万円か
5万円ぐらいが相場。

親族は、5万円か10万円というのが多いようです。
4という数字は死に通じることから縁起が悪いとされ結婚式では避けるべき数字とされます。
また、偶数は割りきれてしまうので、縁起が悪いとされています。

ということは、2万円もだめ?!という疑問を持たれると思いますが、なぜか2万円だけは良いんです。

そのため、2は「夫婦」を表すとか、二重の喜びに通じるなどと、意味不明な理屈をつけることもあります。

・豪華な祝儀袋に少ないご祝儀は問題あり!

市販されている結婚祝い用の祝儀袋にはいろいろな種類のものがありますが、祝儀袋を選ぶ基準として大事なことは贈る金額とのバランスです。中に入れる金額が高くなるほど、祝儀袋も豪華なものを選ぶように。

・袱紗がなかったので、祝儀袋を購入時のセロハン袋に入れ、披露宴会場でポケットから取り出して受付へ
 これはマナー違反!

弔事と違って、前々から用意はできるものです。正式には袱紗に包んで持参し、受付の前でといて渡すのが正式マナーです。

・高校生といえども立派な大人。大人と同じだと考えましょう。

一般的に夫婦で招待されたら5万円が平均金額。
姪っことなると叔父・伯母の立場として、一人5万円が相場。
夫婦だと10万円が平均。
年代別となるとまた少しずつ、金額が多くなり、10〜20万円と相手とのお付き合いで変わってきます。

子どもの場合は席を設けるなら、大人の半額程度を包みます。
高校生なら大人と同じだと考えてみてもよいのではないでしょうか。
金銭的に苦しいのなら、大人の半額程度+品物をプレゼントという手もあります。
親戚との付き合いの深さで考えてみましょう。

Myブライダルプランパック二次会会場の検索

さらにMyブライダルプランパックでもっとお得に!


熊本マイブライダルで結婚



レンタルドレスの販売のレゴリス

熊本のドレスショップはウェディングマイン