結婚式と二次会

結婚式二次会の知識とマナー

受付をお願いする時のマナー


    職場の方に受付をお願いする場合
  • Q. どんな人物にお願いする?
  • A. 人あたりが良く責任感のある人。テキパキと動ける人が適任でしょう。
  • Q. 謝礼金は?
  • A. 受付が始まる前に両家の親から3,000〜5,000円を渡してもらいます。
    イニシャル入りのハンカチやブランドの小物などを贈るのもいいでしょう。

    友人に受付をお願いする場合
  • Q. どんな人物にお願いする?
  • A. 仲の良い友人。両家のバランスを考えて、2人組にお願いをしましょう。
    相手の結婚式で自分が受付をしたという人だと頼みやすいです。
  • Q. 謝礼金は?
  • A. 職場の方と同様です。
    友人の中で決まりがあり、とくに謝礼をしない場合もありますが、お礼の言葉を伝えたり写真を送ったりすると良いでしょう。

    家族・親戚に受付をお願いする場合
  • Q. どんな人物にお願いする?
  • A. 家族や親戚にお願いする場合、親族の集合写真や親族紹介の時間などにぶつからないか確認が必要です。ゲストの年齢層が高い場合は、おじさんやおばさんにお願いすると落ち着いた印象があって良いでしょう。ゲストの人数が多い場合はテキパキと動ける従兄弟(従姉妹)にお願いすると良いと思います。
    兄弟(姉妹)は、何かと用事があるので、なるべく受付を担当しない方が無難です。
  • Q. 謝礼金は?
  • A. 職場の方と同様です。とくに謝礼をしない場合もありますが、お礼の言葉を伝えましょう。

・受付を了承してもらえた場合は、引き受けてもらえたことへのお礼を述べ、詳細が決まったら連絡をするということを伝えて。だいたい何時くらいに集合となるのかという目安は伝えておいた方が良いでしょう(女性は美容院の予約や準備があるので早目に伝えておいた方が親切です)。
・受付を了承してもらえなかった場合は、「気にしないで。出席してもらえるだけで嬉しいよ」ということを伝えて。

  • Q. 受付をお願いした人と打合わせておかなければいけない事は?
  • A. 下記の項目にチェックして。
    • 何時にどこへ来てもらうのか、何時から説明してくれるのか
    • 何時から何時くらいまで行なうのか
    • 誰と何名で受付を行なうのか
    • 披露宴は何名くらい出席なのか
    • 芳名帳の記帳は名前&住所の両方を書いてもらうのか(芳名カードの場合も)
    • ご祝儀を事前にいただいている人はいるのか
    • お車代をお渡しする人はいるのか、誰に渡すのか
    • 受付で特別にすることはあるのか(ポラロイドの撮影/花を渡す/ドレスの色当てクイズなど)
    • 受付で渡すものはあるのか(席次表は一人1枚渡すのか、それとも家族で1枚渡すかなど)
    • ご祝儀は誰にいつ預けるのか

  • Q. 受付をお願いした人に、会場のスタッフを紹介しておいた方がいい?
  • A. 事前の紹介は不要ですが、どこに何時にいくのかということと、到着したら誰に連絡すれば良いかを伝えましょう。
  • Q. お車代や交通費も渡さなければいけない場合など、渡す人のリストを受付係にいつ渡しておけばいい?
  • A. 当日は、新郎新婦は忙しく、直接受付担当者へ伝える時間がないので、事前に出席者リストや席次表に印をつけて受付係に渡しておくか、または、会場担当者へ伝えておき、会場担当者が受付係に説明をする際に一緒に伝えてもらえるようお願いをしておきます。新郎新婦が直接受付係へ伝える場合は、事前にメールなどで伝えておくと安心です。
  • Q. 二次会パーティー会場は新郎新婦が予約すべき?
  • A. 会場探しは、受付係(幹事)と相談しながら一緒にした方ベター。
    予約金を払う場所もある為、予約をするところまでは、新郎新婦で行いましょう。その後の詳細の打合せは、会場側と受付係(幹事)に進めてもらえるようにお願いし、受付係(幹事)の名前や連絡先を伝えて。
    また、受付係(幹事)が主催の二次会の場合は、受付係(幹事)が会場を予約する場合もあります。
  • Q. 二次会パーティーの支払いは誰がすべき?
  • A. ≪幹事さんが主催で行なう場合≫
    二次会の経費(料飲食や景品代や会場貸切料やお土産など)を計算した上で、新郎新婦と受付係(幹事)とで相談をしながら会費を決めます。
    二次会の準備にかかる料金(景品代や備品代など)は、事前に新郎新婦から受付係(幹事)へ渡しておき、その中から準備を進めてもらうと良いでしょう。
    ゲストからの会費なども最終的に受付係(幹事)が預かり、当日の支払いに回します。いくらくらいかかるか見積りをもらっておき、もし会費で足りない分がある場合は受付係(幹事)へ渡しておく必要があります。当日欠席の人がいたり、追加で食べ物や飲物が出る可能性もある為、少し多めに渡しておくと安心です。
    ≪新郎新婦が主催で行なう場合≫
    景品や備品などは、新郎新婦が購入して準備をします。
    受付係(幹事)は、基本的には進行相談&準備や当日の進行を行ないます。当日、会費を集め管理するところまでは受付係(幹事)に任せます。集まった会費を新郎新婦へ渡してもらい、精算は新郎新婦が行ないましょう。


Myブライダルプランパック二次会会場の検索

さらにMyブライダルプランパックでもっとお得に!


熊本マイブライダルで結婚



レンタルドレスの販売のレゴリス

熊本のドレスショップはウェディングマイン