結婚式と二次会

結婚式二次会の知識とマナー

披露宴と二次会の両方に出席した場合の会費について


稀に、披露宴でご祝儀を払ったから二次会の会費は払わなくてもいいと考えている方がいますが、 両方に出席する場合でも、ご祝儀とは別に二次会の会費を払うのが原則でありマナーになります。

新郎新婦のお二人から、二次会の会費は払わなくていいという旨の申し出があった場合は、 ありがたく気持ちを受け取ってもいいのですが、気遣い頂いた分、きちんと気遣いでお返しする。というのが 結婚式や大人のマナーでもありますので、基本的には会費は払うようにしましょう。

二次会に出席する時のお祝いやご祝儀について


二次会=会費制が今では一般的です。
そして会費=お祝い金となっていますので、二次会だけに出席する場合であれば、会費を払うことで お祝い金を渡すという考えになりますので、別途でお祝いをする必要は特にありません。

披露宴にご祝儀がある事から、二次会の会費をご祝儀袋などの袋に入れると思われる方もいますが、 会費は紙などには包んだりせずに、そのまま受付におつりが出ないように渡すのがマナーとされています。
お金を直接出してなどが気になる場合などは、封筒などにいれて持参するのもおすすめです。

友人同士でお祝いの品を送る場合などは、受け取る新郎新婦側が気を使わない程度の金額にしておき、 挙式の1週間前までには遅くとも届くように贈りましょう。


Myブライダルプランパック二次会会場の検索

さらにMyブライダルプランパックでもっとお得に!


熊本マイブライダルで結婚



レンタルドレスの販売のレゴリス

熊本のドレスショップはウェディングマイン