結婚式と幹事代行

結婚式二次会の知識とマナー

ファッション(服装、アクセサリー)


結婚式の二次会では、招待状に「平服で」と書いていない限りには、華やかな格好を心がけた方がいいでしょう。
披露宴の後にそのまま二次会に参加している友人もいるので、ドレスで行って派手になり過ぎるということはないと思います。
ただし、会場によって一概には言えません。
おしゃれな居酒屋風の店から高級レストランまで、二次会の形式もさまざまです。

レストランウェディングの後の二次会の場合では、雰囲気が少しおとなしめの可能性があります。
ワンピースに華やかな小物を身につけ、会場に行って見てからショールやアクセサリー等をちょっと隠しておくという手を使うと、場で浮きすぎたり、地味すぎて恥ずかしい思いをすることはないでしょう。

・靴
二次会は、年配の親族が参列する披露宴とは違います。

少し前までは、祝いの場での素足は失礼なものでしたが、今はそれほど気にしなくてもかまいません。
素足にきらびやかなサンダルはもちろんのこと、ミュールでも気にする人はいないはずです。
かわいいペディキュアをしてお洒落をすれば、いっそうお祝いの雰囲気が増すと思います。

・全体的な色合い

バッグや靴などの小物を派手にして、無難に黒い服できめる人が多いのは、主役の花嫁さんとしては少し寂しいものです。
男性側がスーツ等の黒っぽい格好の人が多い分、女性としては、上品なパステルカラーを選ぶと会場が明るくなっていいでしょう。

ただし、結婚式と同じで、二次会といえどもこの日ばかりは白色は花嫁さんの色です。

二次会での花嫁さんは白いドレスではないかもしれませんが、そのままウェディングドレスを披露してくれる人はいないとも限らないので、白い服は避けましょう。

二次会も花嫁さんにとっては結婚式の行事のうちの一つです。
会費制だからと気軽な感じにならないように気をつけて、精一杯、祝福の気持ちを服装と笑顔で表現したいものですね。

OK:
新婦より目立たず、肩を出さず
女性はシンプルで膝下丈のセミドレス&パンプスが無難だけど、ショールを羽織るな どして肌の露出は抑え目に。
服装に合わせたパーティバッグ
洋装には洋装用の、和装には和装用の、フォーマル用パーティバッグを持ちましょう。
男性ゲストはスーツ&ネクタイが基本
スーツの胸元には、ネクタイと合わせたポケットチーフがあると○。ワイシャツやネク タイの色は、スーツと合っていれば白以外もOK。

NG:
度の過ぎたフォーマルはNG
ロングドレスや生花の髪飾りは華やかになりすぎます。自国以外の民族衣装は、仮装パーティではないので失礼にあたります。
男性の羽織袴は新郎よりも目立つので遠慮しましょう。
小物にもNGが
編みタイツや黒いストッキング、オープントウの靴、バックストラップのないミュールやサンダルは好まれません。
ブラックパール、黒いネクタイは柄が入っていても縁起が悪いのでNG。


Myブライダルプランパック二次会会場の検索

さらにMyブライダルプランパックでもっとお得に!


熊本マイブライダルで結婚



レンタルドレスの販売のレゴリス

熊本のドレスショップはウェディングマイン