結婚式と幹事代行

結婚式二次会の知識とマナー

二次会とはそもそも何なのか


近年の結婚式や披露宴は昔とは異なり、だんだんと簡略化されてきています。式や披露宴に呼ぶ人も内輪が中心、場合によっては親戚だけということも少なくありません。
そんな中で生まれたのが結婚式二次会と言われています。
結婚式に招くことができなかった友人・知人たちを招待し、気軽に和気藹々と飲み食いし、またゲームなどをしながら新郎新婦の2人を祝います。

結婚式二次会は日を改めて実施する訳ではなく、式や披露宴と同じ日に、会場も近場で行うのが一般的です。

基本的に「結婚式二次会ではこれをするべき」「これが常識」といった決まりは ほとんど無きに等しく、新郎新婦の年齢、地域性、招待人数の規模などを考慮して、自由に組み立てます。

よく「こうするのが良い」といったことが書かれていることがありますが、結婚式2次会はケースバイケース。新郎新婦の両親も出席するのか、 会社の上司や同僚が中心なのか、学生時代の仲間が中心なのか・・・などなど、状況によって全く違う二次会になることと思います。かなりフォーマルな感じの 二次会もありますし、ただの仲間の飲み会のような二次会もあります。

ですから、結婚式二次会は、新郎新婦と幹事さんがしっかりと打ち合わせをして、どれだけ楽しいオリジナル計画を立てられるかにかかっているわけです。
ぜひオリジナリティー溢れる楽しい結婚式二次会にしましょう!

結婚式二次会は「これをやらなければいけない」といった決まりは一切ありません。
「新郎新婦2人のお祝い」という基本テーマから逸脱しなければ、どんな二次会でもOKです。
ただし、新郎新婦の2人はもちろんですが、できるだけ出席者全員が楽しめるような内容になるようにプランを立てるといいでしょう。一部の人だけで盛り上がることのないように気をつけて計画しましょう。

さて、結婚式二次会の流れですが、一例は以下の通りです。

●受付開始

●新郎新婦入場

●司会進行(幹事)

●挙式・披露宴の様子報告(ビデオ、写真など)

●歓談(自由時間)

●ビンゴ大会

●歓談(自由時間)

●新郎新婦へプレゼント贈呈

●新郎新婦の挨拶

●お開き

上記はあくまで一例です。
幹事さんの工夫しだいで、いくらでも楽しい二次会にできます。

新郎新婦の新しい門出のために、オリジナリティーあふれる楽しい結婚式二次会を計画してくださいね!


Myブライダルプランパック二次会会場の検索

さらにMyブライダルプランパックでもっとお得に!


熊本マイブライダルで結婚



レンタルドレスの販売のレゴリス

熊本のドレスショップはウェディングマイン